しっかり補助金を獲得するには
実績が豊富な専門家
申請相談することが大切です
補助金の窓口では国家資格者である士業事務所(行政書士・税理士・会計士・弁護士・社会保険労務士・中小企業診断士)が御社の事業計画書を見直し作成させていただき 本当に必要な補助金をご提案させていただきます。
補助金の窓口からお知らせ

●小規模事業者持続化補助金の申請相談受付中!(5月27日締切)

●ものづくり補助金の申請相談受付中!(次回締切分)

●中小企業省力化投資補助金の申請相談受付中!(次回締切分)

●大規模成長投資補助金の申請相談受付中!(次回締切分)

補助金の窓口のサービス
累計無料診断件数500件以上 無料訪問200件以上

お申し込みフォームもしくは

LINE電話より無料診断の

ご予約をお申し込みください。

  • 国家資格者が無料診断

    補助金専門家 中小企業診断士/行政書士が最適な補助金をオンラインで診断

    高い採択率実績を誇る専門家にお任せください。

  • 最短1か月で書類申請

    各補助金には締切があります。ご自身で準備すると何か月もかかる場合があります。

    補助金のプロが丁寧かつスピーディーに書類作成いたしますのでご安心ください。

  • 手数料は成功報酬型

    手数料は8%から15%の成功報酬型。事業者様は低リスクで申請できます。

    補助金が採択されなかった場合は
    手数料は掛かりません。

    ※着手金は採択の可否に関わらず頂きます

行政書士・中小企業診断士の
専門家による
申請支援により高い採択率を
誇っております。
       
採択された実績の一部をご紹介します
事業再構築補助金
飲食店 新メニュー開発・デリバリー設備投資
看板製作会社 デザイン大型パーティション製造事業の展開
広告代理店 デジタルサイネージを活用した新しい動画広告
和楽器製造会社 外国人向け和楽器・和文化情報発信サービス
転職支援会社 クラウド型採用ページ構築システム販売
不動産会社 駅前コワーキングスペース事業の展開
インターネット関連会社 ユーザー参加型子育て情報サイトの構築
 
ものづくり補助金
建築物測量会社 高精度ドローン測量サービスの開発
警備会社 警備人材マッチングプラットフォームの開発
建材設備製造会社 自動車部品の自動化製造設備の導入
医薬品流通卸会社 海外向けオンライン診療・医薬品販売アプリの構築
インターネット関連会社 流通業者マッチングサイトの構築
IT導入補助金
アパレル会社 自社ブランド企画とネットショップの構築
地域特産品販売 ネットショップの構築・モールへの出店
小規模事業者持続化補助金
                                   
食品販売スーパー デジタルポスター導入、来客促進マーケティング
店舗ビジネス人材派遣 人材管理システムの開発と利用登録促進
車・バイク輸入会社 車・バイクの販売情報のオンライン化
英会話スクール オンライン英会話サービスの提供
ヨガスクールヨガインストラクターが健康グッズを販売するネットショップの構築
BtoBシステム開発会社 初心者向けシステム解説動画の撮影配信
インターネット関連会社オンラインQ&A・チャットサービスの構築
補助金の活用法
ものづくり補助金
中小企業・小規模事業者の機械装置の導入やシステム開発費など革新的なビジネスモデルに対して最大1億円(補助率1/2または2/3:従業員数による)の補助金が支給されます。例えばテレワークに対応するためのクラウド型業務システム開発などがあります。申請するにはGビズID取得が必須となり、これから新規で申請される会社が優遇されます。経営革新計画の策定など認定支援機関と連携した事業計画を作成し、採択後の生産プロセスの改善のための設備投資による効果測定サポートも併せていたします。
小規模事業者持続化補助金
小規模事業者の持続的な経営に向けた事業計画にもとづいて販路開拓の取り組みに最大250万円(補助率2/3~3/4)補助されます。例えば地域密着の和食店がデリバリー対応、販促強化による自社ブランディング構築の為のホームページ制作費用、工務店による新たな集客ツールとしてチラシ作成とポスティング費用、不動産会社のオンラインによる内見コンテンツ化などにも活用できますが、パソコンや通常導入にともなう設備投資は補助対象外となります。
IT 導入補助金
中小企業・小規模事業者が、リモートワーク中心の業務転換によるシステムのクラウド化は、補助金が採択される上で加点要件となります。補助額上限は350万円(補助率2/3)です。例えばクラウド型勤怠管理ソフト、クラウド会計ソフト、クラウド型保育ソフト導入費用などが認められています。現状のビジネスにおいて業務効率に問題があり、システム導入することでどのように改善されたかが問われ、国が認めるIT導入支援事業者として登録されている企業から導入することが必要です。既存システムとのデーター連携による労働生産性の向上も求められています。
中小企業省力化投資補助金
中小企業省力化投資補助金とは、人手不足に悩む中小企業が売上拡大や生産性向上に取り組むことを後押しするための補助金事業です。対象となるのは、IoTやロボットなどの製品を取り入れる際の経費の一部で、賃上げに同時に取り組むことで最大1,500万円の補助金を受けることができます。中小企業が利用できる補助金事業には「IT導入補助金」や「小規模事業者持続化補助金」、「ものづくり補助金」など複数ありますが、これまで人手不足の課題解決に特化した補助金はありませんでした。今後、人口減少や高齢化によりますます働き手不足が加速する中で、人手不足解決に向けた補助金が受けられるのは、中小企業にとって嬉しい取り組みです。
補助金の窓口が
選ばれる理由
  • 国家資格者が無料診断

    補助金の専門家 中小企業診断士/行政書士が最適な補助金を

    オンライン診断。高い採択率実績を誇る専門家にお任せください。

    ※各補助金の採択率は平均55%と狭き門です

  • 最短1か月で書類申請

    各補助金には締切があり、ご自身で準備すると何か月もかかる場合があります。

    補助金のプロが丁寧かつスピーディーに書類作成いたしますのでご安心ください。

  • 成功報酬型

    手数料は8%から15%の成功報酬型です。事業者様は低リスクで申請ができます。

    補助金が採択されなかった場合は手数料は掛かりません。

    ※着手金は採択の可否に関わらず頂きます

よくあるご質問
Q どの補助金が当てはまるのか分からないのですが?
A

補助金の専門家が事業内容をお聞きし、最適な補助金を選んでアドバイスいたします。事前の知識や情報はなくても構いませんのでご安心ください。

Q 補助金の窓口から申請すると必ず採択されるの?
A

残念ながらすべての申請が採択されるというお約束はしておりません。御社の会社状況や事業計画に関係するためです。ただ、弊社では国家資格者が申請書作成の支援をし、これまで多数の採択実績があり高い採択率を誇っております。

Q 補助金の申請書作成代行をお願いするにはいつ頃までに相談したらいいの?
A

補助金の申請書類作成はとても難易度が高く、弊社では約1か月前のご相談をお願いしております。ご対応できる件数にも限りがございますのでぜひ早めの無料診断のお申し込みください。丁寧な対応をお約束いたします。

Q 国家資格者と無資格のコンサルタント会社どちらに相談したらいいの?
A

補助金の申請は、専門の士業以外が代理行為を行うと違法となります。国家資格を持った専門の資格者に相談しましょう。

Q 補助金はもらったら返さなくていいの?
A

補助金は基本的には返却不要です。ただし、申請した通りの事業を実施することが条件です(先に事業経費の支払いが発生します)。実施事業の補助割合分が補助金として支給されます。全額が補助支給されるわけではありませんのでご注意ください。

無料診断はこちら

簡単なヒアリングで
御社に適用できる補助金がすぐに判ります。

(基本的には成功報酬型の報酬体系になります。)

LINE電話での無料相談も承っています。 (平日10:00-18:00)